コメントスパム隊隊長航海日誌

2006-12-16

バンドは熱いうちに

鉄は熱いうちに打てということで、これに限らずとも何かきっかけがあったときには

自ら勢いを作り出して進める方針でありたいものだけども、

今回自分がカニクリームズのことを真面目に考えるうえでいくつか。心配というか。

基本的に「ふざけるときこそ真剣に」というモットーでいきたいもので。


バンドをやったことがない

バンドをやったことがないので、具体的にどういうことなのかまるでわかっていない。

漫画映画での知識しかない。…いや漫画とかあったっけ…『To-y』も通して読んでないし…

映画はレイチェル・リー・クックがかわいい『プシーキャッツ』と…邦画で『ラストソング』…いやいやいや…

楽器をひけないのもまた大きい。曲を作ったこともない。そもそも音楽に詳しくない…


デザインをしたことがない

こういう試みはまず外堀を埋めるというか、周辺情報(それこそCDジャケットとか)を固めることによってどんどん本当っぽくなっていくのが醍醐味だと思うのだけども、それに必要なスキルがこれまたない。


どういうふうにしてバンドは出来上がり、有名になるのだろうか…

①メンバー集め

②練習

③ライブ

④ファンが増える

⑤自費でCDなど出す

⑥ネット展開など各種媒体へ

しばらく②~⑥を繰り返し

そしていつか分岐が?

①レコード会社へ

②あくまでインディーズで

みたいな。違うかな。

hadzimmehadzimme2006/12/17 00:202~6の繰り返しは、それはそれは苦しい下積み時代なんですよ。
一時はファンが減ったり。
この下積み時代は、あとで「あの頃は……」と語るのに必要。

「音楽性の違い」を理由とするメンバーの離脱(!)。
これが実際には女がらみだったりするわけですね(!!)。

いや、まぁ、そういうのだけじゃなくてね……(笑)

>「ふざけるときこそ真剣に」
同意見。大賛成です!

142419